15

普通車・表示灯・警告灯解説



  メーター回りの表示灯・警告灯の解説をします。
*各メーカーにより、警告灯のマークや解説等が異なります。



     TOYOYA CHASER Avante JZX-90 メーター回り                                                                                      




    ヘッドランプ上向き表示灯                    
            
エンジンスイッチの位置に関係なく、ヘッドランプを
上向きの位置にすると点灯します。


        水温計
水温表示灯です。エンジンスイッチがONで左のCのついたマークが点灯し、エンジン冷却水温が温まれば消灯します。
走行中に右のHのついたマークが点灯した場合は冷却水が漏れてエンジンが焼き付くいる可能性があるので、すぐに停止してください。


   フォグランプ表示灯
エンジンスイッチの位置に関係なくフォグランプを点灯させると
点灯します。



   O/D OFF表示灯

エンジンスイッチがONでオーバードライブをOFFの状態にすると
点灯します。


       4WDインジケーター
パートタイム4WD車
エンジンスイッチがONで4WD走行の状態にすると点灯します。


         エンジン警告灯

エンジンスイッチをONにすると点灯し、エンジンを始動すると
消灯します。
エンジン回転中にエンジン制御システムに異常があると点灯するため直ちにエンジンを停止して下さい。


      油圧警告灯
エンジンスイッチをONにすると点灯し、エンジンを始動すると
消灯します。
エンジンが回転中にエンジンオイルが不足している時や
オイル圧力が低下している時に点灯します。点灯した場合は
エンジンが焼き付く、可能性があるため直ちに、停止して下さい。


         充電警告灯
エンジンスイッチをONにすると点灯し、エンジンを始動すると
消灯します。
エンジン回転中に充電器系統に異常(ベルトの伸び・損傷・オルタネータの故障)がある場合に点灯します。
走行中に急に停止するおそれがあるため直ちに、停止して下さい。


          ブレーキ警告灯
エンジンスイッチをONにすると点灯し、エンジンを始動して駐車ブレーキを、完全に解除すると消灯します。
エンジンスイッチがONの状態でも点灯する時は、ブレーキ液が不足している時やEBD制御などに
異常がある時などに点灯するため、点灯した場合は直ちに点検して下さい。


          シートベルト未装着者警告灯(運転席)
エンジンスイッチがONで、運転席シートベルトを装着していないと点灯します。


            燃料残量警告灯
エンジンスイッチがONのとき、燃料残量が10リットル〜5リットル以下になると、燃料計の1番下の目盛りと燃料残量警告灯が点灯します。


       ABS警告灯
エンジンスイッチをONにすると点灯し、数秒後に消灯します。
エンジンスイッチがONでABSに異常があると点灯します。



     SRSエアバッグ警告灯
この間はSRSエアバッグプリテンショナー機構が、作動しません。
エンジンスイッチがONでSRSエアバッグシステムとプリテンショナー機構に異常があると、点灯します。


       プリテンショナー機構

エンジンスイッチをONにすると約6秒間点灯後、消灯します。
この間はプリテンショナー機構が、作動しません。
エンジンスイッチがONでプリテンショナー機構に異常があると、点灯します。


      ロービーム・オートレベル警告灯

ディスチャージヘッドランプ装着車
エンジンスイッチをONにすると点灯し、数秒後に消灯します。
エンジンスイッチがONで、ロービームオートレべリング機構に異常があると点灯します。








戻る